資産運用におけるリスクの考え方と分散投資

資産運用とリスク分散

資産運用をするにあたっては、まずリスクというものを考えて、その度合いに応じて資産を分散させておくということが必要です。例えば、銀行預金であれば、元本が減ってしまうということはありませんから、リスクは低いと考えることができますし、株式であれば、その価格は上下に激しく動きますから、リスクは高いと考えることができるわけです。

資産運用におけるリスクの意味

ただ、資産運用において使用するリスクと用語の意味は、一般的な意味とは若干異なっていると言えるかもしれません。すなわち、一般的には、資産が元本の金額を下回ってしまうことをリスクと考えがちですが、資産運用におけるリスクとは、資産が元本の金額を上回ることも指しているのです。ですから、リスクが高い資産運用とは、損をする可能性も高いし、得をする可能性も高い資産の運用方法を指しているということになります。

株式投資におけるリスク

例えば、株式に100万円を投資をしたとすれば、それは1年後に半額の50万円になっているかもしれないし、逆に2倍の200万円になっているかもしれないということです。

銀行預金におけるリスク

これに対して、同じ100万円を銀行に預金した場合には、1年後には元本の100万円に、決められた利率の利子がついてくるということになります。

株式投資と銀行預金の魅力度

それでは、株式よりも銀行預金のほうが良いではないかと思われるかもしれませんが、100万円に対する銀行預金の利子がせいぜい数万円であるのに対し、株式のほうには100万円が200万円になるかもしれないという魅力があるわけなのです。

ガソリンの先物の取引を行う上で、証券会社などのサポートを受けながら、投資先の選定をすることがポイントです。