税理士になりたい!どこでどうやったら税理士になれるの?

税理士になるためには

税理士とは、国民が支払うべき税金の適正な計算を納税者に提供する国家資格です。

なので国が主催の税理士資格試験に5科目以上合格する必要があり、かつ税理士資格取得後に実務経験を2年つむと晴れて税理士になることが出来ます。

他にも税理士になるためには税務署での勤務経験が23年以上。

弁護士、公認会計士試験合格。

大学や大学院で論文等を発表した後卒業すれば2科目免除などの救済措置も取られています。

どれくらい難しいの?

税理士資格試験は国家試験の中でも突破するのが難しい部類の資格試験であり、各科目ごとの平均合格率は10%前後となっています。

税理士試験の入り口とも言える、簿記論、財務諸表論は、受験人数が毎年数万人いるため10%といっても、数千人単位で合格者は出るのですが、出口ともいえる法人税や相続税になると、受験者は数千人単位に減少するため数百人しか合格することが出来ないのです。

これが、税理士試験が難関であると言われる所以です。

どこでどういう風に勉強したらいいの?

さきに言いましたように税理士試験は入口が広く、出口が狭い国家試験です。

税理士になるための平均勉強時間は2500時間とも言われており、

また、ただ勉強するだけではなく、その勉強の中身には、法律の暗記やその理解を深めることも必要となってくるため、勉強の中身の質も求められます。

よって、独学で勉強するには、あらかじめ税法に馴染みのある方でもない限り、その道のプロ、すなわち税法系の資格試験の専門学校でその基礎を学ぶのが一番の近道といえるでしょう。

相続税などの節税対策は、専門家に任せることで節税対策を行うことができます。葛飾区在住なら、葛飾区の税理士に任せると安心です。