取引における基本中の基本!信用取引に必要な費用とは?

信用取引を行うに当たって必要なものとは

株取引を行うに当たって、必ず「信用取引」という言葉は必ず耳にすることでしょう。それだけ株取引にとって重要な取引手法だと言えますが、実際信用取引を行うに当たって必要になってくるものとは何なのでしょうか。まず、信用取引は現物取引とシステムが全く違うため、信用取引専用の口座を開設しなければなりません。その次に必要になってくるのが、実際信用取引を行うに当たって必要となってくる取引の原資とも呼べる費用です。

信用取引には委託証拠金が必要!

信用取引とは、証券会社から資金や株そのものを借用し、それを株式市場で運用して利益を得る取引手法です。有価物の借用であるため、株を購入するための資金は必要ではありませんが、株を借りた際、それを返却するに当たっての保障の裏付けを明らかにしておかなければなりません。実際に信用取引で出た損失を補填し、借りたままの価値で返すために必要となってくるのが「委託証拠金」です。換言すれば、この委託証拠金がどれだけあるかによって、信用取引の規模が決められることになります。

有価物の借用には金利がかかる!

信用取引を行うには、委託証拠金以外にもいくつかのコストがかかります。現物取引にもかかる手数料などを売買が成立した際に証券会社に支払う必要がありますが、信用取引独特のものとして「金利」を支払う必要があります。信用取引は証券会社から借りた有価物を運用する取引であるため、基本的な構造は借金と同じです。有価物を借りた期間に応じて、日割りで算出される所定の金利を証券会社などに納付する必要があるので、それに関する費用もしっかり用意しておかなければなりません。

信用取引の費用は、いわゆる保証金という担保(30%ぐらい)と手数料、買いの場合は金利、売りの場合は貸し株料がかかります。証券会社により違うのでじっくり検討したいものです。