声優になるために専門学校に行く!学校選びも大事!

現役の声優からの講義や指導がある

アニメには、テレビ放送のものから、映画のみのもの、その他インターネットで配信されているものもあります。アニメで欠かせないのが声優で、アニメーションに命を吹き込みます。その仕事に興味を持つ人も多いでしょう。声優になるには専門学校に行くのが早道です。講義を受けることになりますが、講師には現役の声優が担当してくれることがあります。知識などを教えてくれるだけでなく、指導が受けられる場合もあります。憧れの声優から指導を受けることもあります。

インターンシップを体験できる場合

学生が職場を決めるとき、いきなり就職をするのではなく、少し働く経験をすることがあります。企業などが働く場を提供してくれ、企業側も学生の様子がチェックできるメリットがあります。これをインターンシップと言い、大学などでは良く行われています。声優の専門学校でもインターンシップができるところがあり、プロが働いている現場で実際に体験をすることが出来ます。学校で学ぶだけでなく、プロの職場での経験が積めます。やりがいも出やすくなるでしょう。

将来の職場が決まりやすい

専門学校のいいところとして、就職先との一定のパイプがあることです。大手企業などでなくても、やりたい仕事ができる職場に行きたいでしょう。声優の場合であれば、プロダクションと契約をすることになります。多くはオーディションを受けて、合格することで契約ができます。学校によっては、オーディションの情報などを豊富に持っているところがあります。うまくいけば、在学中にプロダクションに合格をして、仕事を始められるかもしれません。

声優の専門学校とは声優を志す人が通う学校のことです。有名な声優さんが講師をしたり、ハイテクな機械を使ったり設備が整っている学校が増えています。